軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

経済学から得たもの

美容師さんとの会話。

昔、学んだ経済学について聞かれたので答えたら、 意外とまとまりのある回答になったなと自分で思ったので、ブログにまとめます(^_^)

経済学から学んだこと。 一言でいうならば、 「市場原理主義に惑わされない」ということです。

少し細かく説明すると、 紙幣の歴史から…。 紙幣って意外と歴史は浅くて200年前からのものなんです。 で、元々は金の預かり証だったんです。

いつからか「信用」という不確かなものを裏付けに 紙幣を大量に擦れる時代になってしまいました。

そうするとインフレになり、紙幣はその価値がなくなる可能性があります。

そんな不確かなもの(紙幣)に依存するのはよくない。 と、自分は思います。

で、「マネー経済」と「実質経済」という言葉が近年、使われるようになりましたが、 株などのお金を動かす仕事よりも、 人のためになる仕事に労力をつぎ込む方がいいなと思います。

たとえ、紙幣によるシステムが破綻しても食っていけます(^_^)

「ひとのために動く」ということの意味。 それが経済学で学んだことですね。