軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

5月7日から軽うつ期だったかも

結局2度寝して、デイケアに休みの電話を入れました。
行きたくなくて、しょうがなくて。
抑うつ症状ですね(^_^;)
 
 
◆記録の振り返り
やっぱりうつ期かもしれない。
約5日軽躁状態(内1日は微妙だけど)になっていましたが、だいたい調子悪い。
でも、軽め。
なので、5月7日から現在までを軽うつ期とします。
 
この時期。
だいたい毎年そうかもしれない。
なんとか出社できるけれど、疲れが溜まると休みがち。
飲酒制限はいいタイミングだったも(^^)
 
 
◆梅雨のうつ期のキッカケ
気温差、気圧の低下が続くと、うつ期になるのかも。
パワーをガッツリ消費してしまうのかも。
ちなみに、冬は気温の低さが続くことだと思います。
 
 
◆振幅(うつの深さ)
下がって上がって、また下がって上がって。
そんな感じで徐々に深くなっていく感じ。
だから、途中で軽躁が出てきたのだと推測できます。
今回は引っ越しが重なったので、その負荷で勢いづいた部分もあるかも。
結局はストレスの影響と言えます。
 
双極性障害で何年も経っている人が、 「うつ転は色んなパターンがありすぎる」 みたいなことを言ってました。
でも抽象化して考えると、 「なんらかのストレスに対応するため、エネルギーを使い果たしたら、うつ転」 と言えるかもしれません。
 
 
◆薬
そうだ! テグレトールを抜こう!
と思ったけど、頭痛対策があるので少量は飲む必要があります。
セロクエルは寝るタイミングだけにしようと思います☆
または完全に抜いてもいいかもしれない。
 
 
 
↓ ブログ村へ登録しました!応援お願いします(^^) ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村 にほんブログ村 双極2型・気分循環性・特定不能