軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

梅雨明け前 軽躁期突入!! 分析結果☆

f:id:maru7777777:20170705143251j:plain

双極性障害と言われて、約1年。
やっと見切ってきた気がします。
 
以下、今回の軽躁期突入の分析です。
 
 
1.今回のキッカケ
・昔のゲーム
・プール
・Twitterで新しい人との絡み
 
キッカケはそれほど重要でなくて、エネルギーが溜まっているかどうかがポイントだと思っています。
つまり、エネルギーが溜まった状態で、躁転させれば継続していく。
そんなもんなのかなって思っています。
 
うつ期で蓄えたエネルギー量が重要という結論!!
 
 
2.軽躁期の判断
(1)ノンストップで活動できちゃうのは、軽躁ならでは!
片付け、書類関係、買い物、プールなどノンストップでできちゃいます。
30分の休憩とかいらない(^^)
疲労を感じにくいと言ってしまえますが…。
 
台風で一回落ちたけど、また上がったり少し下がったりして安定していくと思います。
 
 
(2)期間
エネルギー保存の法則で、それまでのエネルギーをどれだけ温存していたか。
また、日々エネルギーをどれだけ使っているか(気温差、人間関係などのストレスで消費)
それで、軽躁期の持続期間が決まる気がします。
 
梅雨や冬はキッカケなんだなって思います。
ガッツリ、エネルギー消費が激しいからうつ期になってしまう。
 
 
(3)1日単位の躁転と違うこと
・朝から動ける
・日中、ノンストップで動ける
 
要するに継続して軽躁状態ってことでしょうか。
睡眠時間は短くなる傾向ですが、薬を使っているので参考になりにくいです。
 
 
3.軽躁の時やること(前に載せたものと同じです)
・腹式呼吸
◆一人の作業
・タイマーを使って、時間制限(体感時間と現実はかなり違う)
・ やりたいと思ったことの3分の1だけ行動
・半分くらいの力で取り組む(自分のキャパを過信しない)
◆観念奔逸
・ 頭に浮かんだことを打ち込む(実践はしない)
・ 重要な判断はしない(うつの時に後悔する)
◆コミュニケーション
・話すことを6~8割 (1~10まで全部言いたくなる)
・刺激を減らす(人、場所)
・スケジュールを強迫的に入れない
・自動的に休みを組み込む(自分の感覚で調整できないのだから、無理にでも休みを入れる)
◆体調のコントロール
・音楽は控えめに(大人しい音楽、音量を小さめに)⇒癒し系BGM(聴きすぎるとうつになる)
・「しない」ことも大事
・頭痛の前兆を見逃さない!!
・衝動の発散?カラオケはどお?
・24時までに睡眠
 
 
<(1日単位の小さい波含む)躁転させすぎないよう注意すること> 影響:()
・カフェイン (大)
・ アルコール (大)
・ パソコンの情報量・モニタの明かり? (大)  (時間にもよる)
・入浴 (大)
・ 人とガッツリ話すこと (中~大)  一人になると (ー小~中)
・ 達成感 +(中)
・ ハイキングでセカセカ動く (大)
・テンション高めの音楽、音量 (中~大)
・買い物(特にセール)(中~大)
・上記の度合の調整
 
 
 
上記、まだ自分なりの仮説なので、ドクターに確認してみます。
 
 
エネルギーってどうやって確認するのかもこれから分析していきたいです。
今は、単純に期間で計算しています。
うつ期、軽躁期の期間。
 
 
↓ ブログ村へ登録しました!応援お願いします(^^) ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村 にほんブログ村 双極2型・気分循環性・特定不能