軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

身体的なアプローチからの抑うつ症状対策(急性期を除く)

f:id:maru7777777:20170726062333j:plain

↑はしゃいで動き回る犬

 

双極性障害である自分の、抑うつ症状時のやり過ごし方です。(急性期を除く)

 

 

0.体を温める

基本です。
人によっては効かないですが、冬季うつがある人は効果が大きいと思います。

 

1.うつで寝込んでいる時


音楽をかけます。
この間、手首、足首などを動かすようにします。
何もしないで布団にくるまっていると、ネガティブ思考が止まらないからです。


2.その後、少しエネルギー回復したら


離床しベッドに座ります。
これだけでかなり体感的な辛さが変わります。
テレビでも見ましょう☆


3.ストレッチ


エネルギーがあるならば、やってみます。
血行がよくなることにより、脳への血流が良くなります。
疲れてる脳(抑うつ症状)の対策になります。


4.散歩


外に出るだけでだいぶ気分が変わります。
それに少し歩くだけでも血行がよくなります。
日にも当たりましょう(^^) → 「脳の神経伝達物質」が分泌されます
ベランダでも充分効果があります。


5.日常生活


片付け、食事、入浴、掃除など、できる範囲で動きます。
できることで無駄なストレス「~が今日もできなかった」が解消されやすいです。


6.ヨガ


3のストレッチの代わりにやってもいいです。
Youtubeにいっぱいあるので、好みのをやってみて下さい。
自分は「腰痛 ヨガ」で検索します。
寝ていると、腰痛になってしまうので。


7.軽い運動


散歩、ウォーキング、ハイキング、ジム、ヨガ、などできる範囲で軽い運動を継続しましょう☆
血流はもちろん、抑うつ症状で出にくくなる「脳の神経伝達物質」が出やすくなります。

身体メインではないですが、喫茶店で勉強したり塗り絵をして集中力を上げています。
喫茶店への移動を徒歩で行くと、ちょっとした運動になります。

 

※1 日内変動について


朝悪くて、夕方くらいから良いという日内変動。(逆もあります)
良い時間は過活動になりすぎないレベルで、動くといいと思います。
やりたいと思った3分の1程度で大丈夫です。

 

※2(軽)躁について


これは別項目ですが、結局、躁になって動きすぎると抑うつ症状が出てくるので、そこは活動量を意識しましょう(^^)
「動きすぎると結局、寝込む」と振り出しに戻ります。

 

※睡眠リズム


これも当たり前のことですが、よく寝ましょう☆
できれば、規則正しく睡眠リズムが取れると、脳は回復しやすいと思います。

 

 

まとめ

 

以上、身体的なアプローチからの抑うつ症状対策でした。
ポイントは動くことにより良くなる「血行」と「神経伝達物質」です。
それだけで体が良くなることがあるので、重要なポイントです。