軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

『ぼく、アスペルガーかもしれない。』 感想

 

ぼく、アスペルガーかもしれない。

ぼく、アスペルガーかもしれない。

 

 

神田橋先生の本で紹介されていたので、読んでみました(^^) 

 

 

1.どんな本?

7歳の男の子が書いた、自分の取扱説明書です。

自閉症スペクトラムと診断されてはいないが、自分で疑いを持つレベルの男の子。

自分の生活の注意点や自分、両親、先生との約束、ご両親の考え方などが書かれています。

定型発達者でも使える内容もたくさん盛り込まれています。

 

 

2.役に立ったこと

私はアスペルガー症候群(正式には自閉症スペクトラム)と診断されています。

3月に診断されて、改めて自分の特徴を書き出してみています。

 

◆作業上の特徴

◆対人面

◆思考や行動の特徴

◆その他

 

これらの項目で「特徴」および「対処法」を列挙しています。

充分に考えるキッカケとなりました♪

 

大地くんは感覚敏感なところがありますが、私は感覚鈍麻です。

その他、少し違うところはありますが、やはり似ています。

 

 

3.印象に残った文章

『いろんなひとがいる。

いろんな考えの人がいる。

いろんなやり方がある。

みんな同じじゃない。

自分が違うのではなく、自分と同じように考える人が少ないだけ。

これを少数派という。

間違いではないし、普通じゃないわけじゃない。

でも、みんなのことを知らないといけない。』

 

これがわかることが、大人になる条件の1つかもしれません。

でも、年齢だけ大人になっていてもわかっていない人がいますけど(^^;)