軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。元々は作業療法士になるための勉強方法や勉強内容などを書いていました。

『双極2型障害という病』 まとめ5 臨床プロフィール

双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代-

双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代-

 

<第三章 臨床プロフィール>

 

うつ状態の3つの指標→まとめ1~3を参照

 

P65

◆不安、そして焦燥

不安もまた重要な要素である。しばしば病像の全景に立ち、抑うつを覆ってしまうことがある。

あるいは気分障害とは独立に、不安障害があるように見えることもある。

 

P68

一般のうつ病臨床の場合、不安・焦燥は初期治療の標的である。

取れやすい症状であるということである。

だが、他方で不安・焦燥をコントロールしなければ、病気自体が回復しにくいということを見落としてはならない。

 

P71

気分の易変性とならんで、もう一つの不安の淵源として考えられるのは、「混合状態」である。

この様態では、患者は自分の中に、相反する方向をもった力、つまりは躁的な成分とうつ的な成分によって引き裂かれる。

もっともよくあるのは、「気ばかりあせって、体がついていかない」という形のものであるが、

これは単極型でもよくみられる形のものである。

双極2型障害では、この引き裂かれ具合はもっと大規模で異様なものとなる。

 

P.73

うつ病相は、抑制が主体であり、妄想をもつ頻度が高く、その点でDよりBPⅠに近い。

過眠、過食など非定型うつ病の病像を示す事例も多い。

 

P77

◆併病

併病もBP2の大きな特徴とされている。

もっとも多いのはパニック障害をはじめとする不安障害だが、それ以外にも

摂食障害、身体化障害、アルコール依存、薬物依存、注意欠陥多動障害、社会恐怖、月経前緊張症など多岐にわたる。

パーソナリティー障害、とりわけ境界性パーソナリティー障害については、すでに触れたところである。

 

 

<感想>

◆不安

転職時はとくに感じていました。

一番、体調が悪かった頃です。

デパスでごまかしていましたが…。

 

◆併病

身体表現性障害と診断されていました。

実際に会った人やネット上の人をみていても、併病はかなりの確率であります。