軽躁を制する者が双極性障害2型を制する!!

2016年9月に双極性障害2型と診断されました。闘病生活中です。

マクラメ ざっくり作業分析

f:id:maru7777777:20180425173859j:plain

 

作業療法士として患者さんに教えることがあるかもしれないので、

マクラメ作成の体験をしてきました!

体験を元にざっくり分析していきます。

 

<ざっくり作業工程>

1.ひもを編んでいく

2.石を編み込む

 

軸となるヒモを見分けるのがポイント!!

ちょいちょいわからなくなります。

 

 

<考えられる治療的効果>

◆身体面

巧緻性の向上

感覚・知覚の再教育

座位姿勢の持久性向上

空間認知機能の向上  など

 

◆精神面

集中力の向上

社会的適応能力の向上

認知機能の向上   など

 

◆集団の力

みんなでやることで、普遍的体験による安心感

助け合うことで、愛他的行為による自己尊重

プレゼントすることで、受容される体験と自己受容 など

 

 

<適用となる対象者>

・脳疾患

・脊損など整形系

・認知症

・精神疾患  など

 

 

かなり久しぶりにざっくり作業分析をしました。

レポートで出したら怒られるレベルです(笑)

でも、こういうことをすぐに言えるようにしておかないといけません。

ちょっと優しい言葉とともに難しい言葉でも説明できると、説得力が上がりますね。

特例子会社 社長の講演

f:id:maru7777777:20170728082411j:plain

 

一昨日から就労移行支援へ通い始めました!

リワークデイケアと同じような感じで、

軽い運動やパソコン作業がメインとなります。

 

今日は特例子会社の社長さんの講演でした。

 

「ビジネスマナーの必要性」

「業務の遂行(コストから戦力へ)」

という二つのテーマで話を聞いてきました!

 

 

memo

 

「ビジネスマナーの必要性」

・マナーを完璧にできている人はいない

・マナーはmustではないが、あれば得。

 

「業務の遂行(コストから戦力へ)」

・質と生産性の向上が、価値の創出となる

・障害管理力:障害受容→体調メンタル管理→安定した勤怠

・自分の特性を理解して、価値を生む → もっと仕事が来るようになる

 

 

<感想>

やはり障害管理力が重要です。

これは就労移行支援である程度、身に付けられるものです。

 

自分の場合、冬季うつをどう対策するかが課題。

ホントは就労移行に通っている間に克服したいけど、

できれば半年くらいで卒業したいので、期間的に厳しい。

とりあえず面接などでは、薬でなんとかなると言うしかないのかな。

 

まずは冬季うつで落ちた体力を戻すことが、直近の課題です。

退職金の使い道

f:id:maru7777777:20180415052803j:plain

 

そういえば、退職金が19万円も入ります♪

ブラック企業時代は5年半で1万円ちょっとでした(笑)

今回は4年ちょいで上記金額。

普通はどれくらいもらえるんでしょう??

 

退職金はとりあえず引っ越し代に当てます。

 残り7万円はどうしよう。

旅行は行く気にならないです。

たぶん長距離移動がきついです。

何か人生の軌道、生き方を少し変えるようなイベントに使いたい。

 

物欲がないので、

「本を読む時間を確保するための喫茶店代」

なんて考え方もいいかもしれません。

 

7万円の使い方、決めました!

半年間、就労移行支援に通う予定なので、その間、毎月1万円をちょっとだけ贅沢しようと思います☆

・交際費

・読書のための喫茶店

・書籍代   etc

【薬の変更】4月10日

f:id:maru7777777:20170714081909j:plain

 

月10日 、薬の変更です。

双極性障害2型、アスペルガー症候群、頚椎症、弁膜症を考慮しています。

 

◆双極

リーマス100mg 0.5錠1回 

ビタメジン配合カプセルB50 ×2回

ラミクタール25mg 1回

エビリファイ3mg 1回

セレネース錠0.75mg 0.5錠×2回 → 頓服に変更

サインバルタ20mg 2錠×1回 → 1錠に変更

◆頚椎症・頭痛

カロナール錠500mg 1錠×2回 

◆主に睡眠(就寝前)

リボトリール0.5mg 0.5錠

アモバン

◆水毒、疲れやすさ

ツムラ五苓散エキス顆粒 1袋×2回

ブシ末(調剤用)ツムラ 1袋×2回

◆弁膜症

メインテート 0.625㎎

 

 

・サインバルタは冬季うつがおさまってきたから、減薬。

・セレネースは、コミュニケーション力が落ちるので、なくしてもらいました。

 

・冬季うつで朝起きれない症状について

 ベタナミンという薬が有効らしいです。

(通常は処方されないらしい)

就労移行支援事業所を選ぶポイント

5つの就労移行支援事業所を見学してきました。

そのうちの1つに決定。

 

自分が選ぶ際、

「就労移行支援事業所を選ぶポイントは何なのか」

が知りたかったので、特徴を一覧にしてみました。

 

f:id:maru7777777:20180407145849j:plain

 

 

1.特徴

◆おれが行くところの特徴

・Web制作あり!

・行くだけで日当500円もらえる♪

・美容プログラムがあり、女性が多い

・作業で作った作品がバザーなどで売れると工賃がもらえる♪

・近所

・開始までの市役所の手続きに同行してくれる

 

◆見学に行ったところ(4つの事業所が混ざっています)

・昼食が含まれている

・交通費一部支給 (出所日数に応じて変わる)

・交通費10000円まで支給

・開始時間が9時からってのは、辛いけど実践向け

・2か月は就活禁止

・飲み物無料

・利用料金はどこも同じ

 

 

2.自分の通う目的

おれの場合、生活リズム獲得が第一目標。

特定の場所に時間を決めて行く。

それだけで意義があります。

 

 

3.就労移行支援事業所の検索

市役所の職員に教えてもらいました♪

 

WAMNET

http://www.wam.go.jp/shofukupub/search02.jsp 

 

 

【精神障害者と働く】第2回 共に働くことは強みになる 

 

2018/04/05のNHKEテレ

【精神障害者と働く】第回 共に働くことは強みになる

をまとめてみました。

 

 <目次>

 

0.はじめに

◆半数が1年未満に離職している

1年未満に離職した理由

f:id:maru7777777:20180406135919j:plain

                 ↓

     職場の工夫次第で、会社全体の強みに繋がっている事例もある。

 

 

1.会社が成長

◆町工場の例

・チェック体制の強化

・一人一人の長所を伸ばす

    ↓

会社全体のミスが低下

 

◆発想の転換

(1)失敗した時に会社の仕組みを見直す

(2)得意なところを伸ばす

 

◆社会の多様化に対して

会社の中の多様性 → 利益につながる

 

 

2.精神障害者の雇用

◆就労支援ネットワーク

本人の得意不得意を考慮して、雇用を紹介

 

◆開かれた会社

→ 強い会社

 

 

3.精神障害者の可能性

A型事業所の例(出版)

・日報(体調、気分の安定、集中力)を記す

→ スタッフと会話をする

 

・地域の中の居場所作りになる

→ 社会とのつながりとなる

 

「人に仕事を合わせる」

・障害は環境によって重くも軽くもなる

・仲間との出会い

  ↓

働き甲斐のある人間らしい仕事

 

◆精神障害者の経済損失は約8兆円

就労することで、8兆円以上の効果

 障害者の働く喜び・充足感

      ↓

 健常者と連帯することで、会社全体へ影響

 

 

<感想>

「精神障害者と働くことで、会社が成長できる」

というメッセージがかなり印象に残りました!!

障害者枠でも、お荷物になるわけではないんですね☆

 

 

【精神障害者と働く】第1回 働き続けるために まとめ

2018/04/04のNHKEテレ

【精神障害者と働く】第1回 働き続けるために

をまとめてみました。

 

 

 

1.現状

法定雇用率の引き上げ(2.0→2.2%)により、売り手市場

 

しかし精神障害者は、約半数が1年未満で離職

 

<原因として考えられること>

・病状安定していない。 病識が弱い

 → つい無理をしてしまう

・外見からわかりにくい

 → トラブルになりやすい

・自己理解が弱い

・相談力がない

 

 

2.当事者にできること

◆就労移行支援事業所

目的:就職先を見つけることだけでなく、働き続けること!!

訓練:実際の仕事を通して行う

 

◆職業準備性ピラミッド

f:id:maru7777777:20180404134215j:plain

 

 

※精神障害者の場合、健康管理の力、日常生活の力が特に重要!!

SOSのサインを知っているか

・それに対応できるか

 

◆会社以外の居場所が重要

<定着のための4つの力>

・本人の力

・起業の力

・支援者の力

・地域の力

 

 

3.企業にできること

◆環境を整える

・合理的配慮が必要

 → 社員間のやりとりで引き出される

・本人の変化

 → 日報で把握

 

 ◆会社が頼れる外部機関

f:id:maru7777777:20180404134245j:plain

 

 

<感想>

1番大事なのは、やはり自分の病気、特性を知ることです。

 SOSのサインを知っているか。

対応方法を身につけているか。

日頃から記録を残していきたいです。

【2018年3月】近況

かなり久しぶりのブログになってしまいました。

反省。

無気力な日々を過ごしていました。

 

◆仕事

退職します。

体調不良で通勤できなかったのが原因です。

冬季うつに負けた感じです。

 

◆引っ越し

実家へ引っ越します。

とりあえず療養目的。

ウサギは里親に出してしまいました。

寂しい(T_T)

 

◆今後

(1)そのまま就職活動

(2)就労移行支援事業所

(3)療養

の3パターンですね。

できれば(1)を選択したいところですが、

(2)になるのかな~と思っています。

 

◆引っ越しまでの間

未来の自分へ向けて、知識をプレゼントしたい。

書いて勉強するスタイルで、30分/日以上やれたらいいなと思っています。

 

 時間はあるので、ブログ更新の頻度を高めたいです。

Twitterはやっているので、それをまとめる感じでもいいので。

 

 

そんな感じです。

 

2017年の振り返り

今年の目標です。

 

<2017年の目標(重点的に時間と金を投入すること)>

1.躁鬱コントロールを高める(職場復帰レベル)

・早く気付き、対処する

・ストレス管理スキルを高める

 

2.転職準備(実際には2018に動く)

・情報収集

・基礎勉強の継続

 

3.ブログの継続(月2回以上)

・躁鬱コントロールの認識を促す

・自己表現の機会を広げる

 

 

それぞれ振り返ります。

 

 

1.躁鬱コントロールを高める(職場復帰レベル)

職場復帰はできました!

時短で週3は可能。

週4というタイミングで冬季うつ(-_-;)

ボロボロになりましたが、サインバルタのおかげで持ち直せるかも!?

 

2.転職準備

地道に勉強は続けています。

断続的ですけど。

2018年に転職できるか微妙なところです。

まずは週5で出勤が目標になりそうです。

 

 

3.ブログの継続(月2回以上)

できなかった月もありますが、最低限のところはまあまあやれたと思います(^^)

2018年は週1くらいでできるといいなと思います。

 

 

そんな感じで。

1年ありがとうございました(^^)

来年もよろしくお願いします。

生きているだけで丸もうけ

明石家さんまさんの言葉を書いてみました。

  

f:id:maru7777777:20171222124519j:plain

 

ちょっとマイナス点があると「死にたい」

になりがちな僕ら。

その正反対な言葉ですね(^^)

 

加点方式と減点方式の違いでもあります。

 

◆加点方式

いいことをよく見て、加点していくと楽な生き方になるかもしれません。

楽しい生き方とも言えるかもしれません(^^)

 

 

◆減点方式

逆に悪いことばかり見て、減点していくと辛いですよね。

ネガティブになりがちです。

 

減点方式は「心のフィルター」という認知の歪みでもあります。

誰にでもあるけれど、程度を少なくしていきたい認知の方法です。

 

 

 

今日できたことを良く捉えられる加点方式で生きていきたいものです。

たとえ何もなくても「生きているだけで丸もうけ」です(^^)

 

/* グローバルメニュー */